加熱酸化チタン触媒有機物分解システム|株式会社ラパス

  1. 日本語
  2. 英語
  3. 中国語

RAPASは「酸化チタン」を利用して様々な「分解処理」をクリエイトします。

世界で初めて実用化に成功!

「世界で初めて実用化に成功した環境ソリューション技術」である「加熱酸化チタン触媒の化学反応を利用した有機物分解」という技術で、
「新しい価値を社会に提供し、地球の環境保全に貢献」してまいります。

加熱酸化チタン触媒による有機物分解技術とは・・・?

加熱酸化チタン触媒による有機物分解技術

酸化チタン(TiO2)触媒を約500℃に加熱することで発生する、
非常に強力な酸化分解能力を利用して、
プラスチックなどの有機物を
水(H2O)と二酸化炭素(CO2)に分解する技術です。
有機物の残渣・臭い等、まったく発生しません。

分解後


加熱酸化チタン触媒による分解実験

加熱酸化チタン触媒による分解実験

押しピンのプラスチック部分(赤い部分)だけを分解して、鉄製のピンがきれいに回収される様子を動画でご覧ください。